【おすすめの食べ方】冷凍かにの美味しい食べ方決定戦!!

  •  
  •  
  •  

【おすすめの食べ方】冷凍かにの美味しい食べ方決定戦!!

【おすすめの食べ方】冷凍かにの美味しい食べ方決定戦!!記事一覧

タラバ蟹の食べ方:鍋で美味しく食べるコツ《カニ通販専門サイト》

サワガニは、淡水系のカニで寄生虫が心配されるので、よく火を通すことが重要です。サワガニのお腹の中に寄生虫がいるのです。生での調理はやめておきましょう。もし、生の状態で、まな板や包丁などの調理器具を使ったら洗って除菌しておくのが安心できます。加熱することにより、寄生虫は死滅するので、火を通せば問題あり...

≫続きを読む

タラバ蟹の刺し身とっておきレシピ※絶品!カニの食べ方ガイド

タラバ蟹は、ズワイ蟹よりも大きく食べ応えがあるのが特徴です。そのため、生でそのまま刺し身にする食べ方だと、ズワイ蟹よりもたくさん食べることができます。しかしタラバ蟹は、ズワイ蟹よりも大味で淡泊な味をしています。プリプリとした食感を楽しむことはできますが、ズワイ蟹よりも甘味はないので、刺し身にする食べ...

≫続きを読む

タラバ蟹のゆで方ガイド《かんたんで美味しいカニの調理方法》

タラバ蟹はヤドカリの仲間であることや、鱈の漁場で捕獲されることからもこのような呼び名で呼ばれていると言われているのですが、最近はインターネットの通販サイトで購入する事が可能になっています。インターネットの通販サイトで販売されているタラバ蟹の多くは、ボイルが行われており、解凍をすればそのまま食べる事が...

≫続きを読む

タラバ蟹をボイルで美味しく!※おすすめレシピ大特集!!

ボイルをしたタラバ蟹の美味しい食べ方の前に気を付けたいのは、解凍方法です。間違った方法で解凍してしまうと、水分と一緒に美味しさも逃げて身がパサパサになります。美味しくボイルしたタラバ蟹を食べるためにも、食べ方の前に正しい解凍方法を調べましょう。正しい解凍の方法は、まず流水でタラバ蟹の表面を覆っている...

≫続きを読む

タラバ蟹をパスタにするなら【おいしい!簡単スピード料理レシピ】

活きたタラバ蟹をたくさんいただいたり、ボイル冷凍済みのものを大量に買ってしまったりして困った経験はありませんか。タラバ蟹はゆでたてのものをアツアツのうちにいただく食べ方が一番ですが、そればかりでは飽きてしまいます。また、食べきれずに残った身や、買ってみたけれどあまり美味しくなかったので処分に困ってし...

≫続きを読む

毛蟹のゆで方マニュアル《輪ゴムで美味しく調理する方法!!》

毛蟹はゆでる前はこげ茶色をしています。スーパーなどに売っているものは元々ゆでているものも多いのでそのまま食べることができますが、よりおいしい冷凍物、もしくは生きた状態の毛蟹を食べるさいには調理方法・ゆで方を覚える必要があります。とはいっても毛蟹の調理方法はとても簡単です。調理方法やゆで方にはいくつか...

≫続きを読む

毛蟹の味噌汁:美味しく食べる秘伝のレシピはこれに決定!!

毛蟹は北海道で一年中取れるカニです。毛蟹はタラバガニ・ズワイガニと比べると大きさが小さく、陰のような形で存在しています。しかし、蟹味噌汁を作る時には一番合っている蟹です。お勧めする理由は3つあります。・他の蟹に比べて比較的価格が安い。他の蟹に比べて大きさ・収穫量が違います。価格は他と比べて安く、たく...

≫続きを読む

タラバ蟹食べ方ガイド※卵の部分美味しく食べるにはどうする?

寒くなってくると蟹の季節ですね。蟹の中でも味にうまみが多いタラバ蟹には、ちょっとした豆知識のようなものがあります。甲羅や蟹みそ、そして一番のお楽しみの足のさばき方は皆さんの周知の通りです。自然解凍で解凍したタラバ蟹を、縦二つに割った胴体と甲羅部分に切り分けておきます。もちろん、さばくときには蟹のトゲ...

≫続きを読む

タラバ蟹を鍋で食べる!:あっと驚く美味しい作り方レシピを伝授

ズワイガニは日本海の冬の味覚の王者として名高く、北海道においても多く漁獲される蟹です。大きな脚には身がぎっしりと詰まり、甲羅の中には蟹味噌も豊富です。美味しい食べ方として、多くの人から支持されているのが鍋料理です。鍋料理の食べ方の利点は、ズワイガニの身だけでなく、殻や甲羅の旨味などの美味しさを無駄に...

≫続きを読む

毛蟹の鍋レシピを探せ!※驚くほど美味しくなるちょっとしたコツ

ここでは毛蟹の産地別の旬、美味しい食べ方について、蒸し蟹や鍋、産地の工夫料理を取り上げます。毛蟹の旬は産地によって違います。日本では乱獲により最盛期の10分の1の水揚げとなっていて、きびしい漁獲制限があります。獲れるのは岩手県、北海道となります。毛蟹の旬は岩手や日高で12から3月、十勝、釧路沖で9か...

≫続きを読む

ズワイガニのお刺身:絶品になる作り方レシピ公開中!!

ズワイガニはとても人気な高級食品ですが、食べ方で生で刺身として食べるということは、あまり一般的にはされておりませんね。しかし、最近では家庭で簡単にズワイガニの刺身を食べることができるようになりました。ズワイガニの刺身というと、生簀の中で泳いでいるカニを食べるか、水揚げされた漁港でその場で食べるという...

≫続きを読む

冷凍ズワイガニのゆで方ガイド【小さい鍋でも美味しく食べる!】

活きたズワイガニをいただいたり、美味しそうな外見に魅かれて衝動買いしてしまったけれど、調理方法が分からずに困ってしまったことはありませんか。カニの調理方法は、一度覚えてしまえば難しいことは全くありません。用意するものは輪ゴムと大きな鍋のみで、時間を守ったゆで方だけマスターすれば、自宅で新鮮な美味しい...

≫続きを読む

紅ズワイガニのおいしいゆで方※簡単においしくなるポイント!

深い海の底の泥の中で生活する紅ズワイガニは、調理方法やゆで方を間違えると泥・砂で風味が損なわれてしまうので、正しいゆで方・調理方法で食べることが大切です。まず、紅ズワイガニは、ゆでる前に汚れを落とす作業を行います。最初に甲羅や脚などの表面を流水で洗い流して汚れを落とし、甲羅を剥がします。甲羅は、左右...

≫続きを読む

紅ズワイガニ:鍋の食べ方ですごく美味しいレシピを教えて下さい

紅ズワイガニは、冬が旬として有名な食材です。日本海で水揚げされるものは特に有名で、鍋料理などの食べ方があります。小さいものであれば、丸ごとを使って味噌汁にする食べ方もあります。紅ズワイガニという名前が示す通りで、熱を加えると鮮やかな赤色に変わります。この赤色が料理の美しさを際立たせるだけでなく、食べ...

≫続きを読む

大ズワイガニとっておき!鍋の食べ方:激うま材料レシピ!!

大ズワイガニの主な産地といえば、北海道よりも北に位置する太平洋最北部のベーリング海です。そこで、私たちの食卓に並ぶ大ズワイガニは、ロシア、カナダ、アメリカからの輸入品が一般的となります。大ズワイガニは希少な種で、ズワイガニの水揚げ量のたった約2%しかありません。需要と供給のバランスの関係上、とても高...

≫続きを読む

花咲ガニの旬はいつ?|鍋で食べる便利なレシピ特集♪

花咲ガニはタラバガニや毛ガニといった他のカニと比較をした場合、そこまで高い知名度を持っているものではありませんが、味に関してはこれらのカニに一歩も引けをとらない、美味しさを持っています。花咲ガニはタラバガニのように脚の肉が太くて、食べ応えがありそれだけで食べてもとても美味しいものです。また、他のカニ...

≫続きを読む

花咲ガニ味噌汁レシピ:かんたん調理方法マニュアル!!

花咲ガニと言えば言わずと知れた高級ガニです。人気もタラバガニに劣らずサイズ的にも大型のカニ足だけの味わいではなく外子や内子も大人気のカニです。花咲ガニのミソはあの有名な毛ガニにも負けずとも劣らずの味わいや風味を持っています。旬の時期は夏ごろなので、年末に出される花咲ガニは夏の時期に取れたものを冷凍保...

≫続きを読む

タカアシガニを鍋で食べる時のポイント!※冷凍カニを探すなら!

タカアシガニはその名前が示す通り、長い足が特徴のカニです。味に関しては肉が水っぽく大味とされていたので、一昔前まではあまり見向きもされていなかったカニの一種ですが、最近では産地での名物料理となっているものです。このタカアシガニの美味しい食べ方ですが、水っぽく大味と評されているだけにそのまま茹でて食べ...

≫続きを読む

アサヒガニ:ゆで方と食べ方、その他おすすめかに情報サイト

アサヒガニはあまり聞きなれない名前かもしれませんが、種子島近海で取れるカニで、11月から解禁されている、種子島の冬の味覚としてとても人気が高いカニです。最近では種子島以外でも輸入なんかでも市場に出回っております。アサヒガニのゆで方はひたひたの水にアサヒガニを入れ、一つまみの塩を加えて沸騰後中火で20...

≫続きを読む

ズワイガニおすすめ人気レシピ※冷凍ボイルらく旨レシピ♪

おいしいズワイガニ料理を家でゆっくりと味わいたいのなら、すでにボイルされ、解凍後すぐに食べられる冷凍ボイルズワイガニは、手間をかけることなくズワイガニ料理を楽しむこのとできるので、忙しい私たちの強い味方です。休日に贅沢なランチを手軽に楽しみ、ゆっくりと疲れを癒す時間を過ごしたいものですね。そんな気軽...

≫続きを読む

アサヒガニの鍋レシピをご紹介中!※いま売れているかに特集

一口にカニといっても、カニにはさまざまな種類のカニがあります。日本人にもよく知られているのはズワイガニですが、アサヒガ二という名前のカニも日本には生息しています。このアサヒガニは日本各地でそれぞれその土地特有の名前で呼ばれていることがあります。薩摩地方ではカブトガニという名前で呼ばれています。ですが...

≫続きを読む

ノコギリガニ鍋の作り方レシピ!※人気の極上かにを探せ!!

カニといえば一般的にご馳走とされる食べ物のひとつですが、カニには多くの種類がいるものですが食用とされて流通しているのはほんのごく一部です。カニといえば毛ガニやズワイガニ、タラバガニといったものを思い浮かべる人が多いですよね。その他には花咲ガニを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、一般的に食用として...

≫続きを読む

ダンジネスクラブを鍋で食べるには※かにの食べ方マニュアル

カニは世界中の海の底に生息している生き物です。味が良いことから、日本だけではなく世界中の人たちに食べられています。日本ではあまりなじみのないようなカニも世界の海では採れることがあります。アメリカで採れるそうしたカニの中でも最もポピュラーなものの一つが、ダンジネスクラブという名前のカニです。アメリカで...

≫続きを読む

アサヒガニ味噌汁の調理法:みんなの食べ方を教えて!!

海に囲まれた日本の海では、実に多くの種類の蟹が水揚げされます。日本海側ではズワイガニが名産として有名ですが、九州や沖縄などの南の海では鮮やかな色と縦長の甲羅が特徴のアサヒガニが珍重されています。アサヒガニの食べ方で特にポピュラーなのが味噌汁です。味噌汁にする食べ方は、とても単純ではありますが、蟹から...

≫続きを読む

ワタリガニ味噌汁作り方レシピ特集♪※渡り蟹を美味しくする!

ワタリガニは、ズワイガニやタラバガニのように身がたっぷりとは詰まっていませんが、味噌汁にすれば素晴らしいダシが出るのが魅力です。色々な食べ方がありますが、味噌汁は簡単で美味しい調理方法です。家庭で作るときには、食べやすい大きさに切ってあるものを買ってきて使うと便利です。丸ごとのワタリガニを使う場合は...

≫続きを読む

ワタリガニ鍋の作り方レシピ:下ごしらえから完成まで紹介!

ワタリガニは脚の先がヒレ状になっていて、海の中を自由に泳ぐことも可能となっています。タラバガニやズワイガニなどは脚の肉を主に食べますが、ワタリガニの脚は身が少ないためあまり食べることはありません。主に脚の付け根の方の胸肉を食べることになります。ワタリガニの食べ方は色々あります。そのまま蒸したり茹でた...

≫続きを読む

タイワンガザミの鍋料理レシピ※美味しい食べ方を探した結果

タイワンガザミは、ワタリガニという別名でも呼ばれる蟹です。人気の食べ方は鍋料理で、冬の季節にはスーパーの魚介類売り場には鍋用の材料として必ずあるものです。一見すると脚には食べる部分があまりなさそうですが、甲羅の中には旨味が豊富な蟹味噌がたっぷりと詰まっています。お腹の部分にも身があって、吸い付いて食...

≫続きを読む

上海蟹のシーズンは?※おいしく鍋で食べるコツを伝授!!

食欲の秋、上海では上海蟹がおいしいシーズンになります。上海では一般家庭でもよく食べられています。日本国内や海外諸国では高級食材としてとても有名です。上海蟹は小ぶりなカニで7~8cm、深い緑色をしています。ハサミには藻のような毛、足には刷毛のような毛が生えています。上海蟹というのは日本で広まった名前で...

≫続きを読む

サワガニ唐揚げレシピまとめ!!~絶品唐揚げレシピ特集~

サワガニを調理するにあたって一番美味しい食べ方となんでしょう。普通のカニであれば、焼き・蒸しなどいろいろありますが、サワガニの場合は唐揚げが一番です。揚げるだけじゃないかと思われる方もいるでしょう、しかしこの唐揚げが絶品だとあらゆる酒場で評判なのです。香ばしくカラッと揚げた唐揚げは身だけでなく殻まで...

≫続きを読む

ジャノメガザミ鍋で美味しく食べるには|かに晩御飯レシピ

ジャノメガザミというのはその名前の通り、甲羅に蛇の目のような黒い点がみっつあるガザミのことで、日本ではあまり漁獲されてはいませんが、東南アジアなどでは多く漁獲されており人気のあるカニになっています。日本でカニと言われると毛ガニやタラバガニ、ズワイガニといったものが一般的ですが、かつてはカニといえばガ...

≫続きを読む

ワタリガニの茹で方&茹で時間ナビ|使える! かに調理方法!

ワタリガニは瀬戸内海で獲れるカニで、身が詰まる晩秋から春にかけてが旬となっていますが、特にメスが卵を持つ冬の時期が最もおいしくなっています。冷凍ものもありますが、やはり旬の時期には活きたカニを食したいものです。活きたカニの調理方法にはコツがあります。ゆで方には丸ごとゆでる方法とさばいてからゆでる方法...

≫続きを読む

コツノキンセンモドキの鍋レシピガイド※具材、作り方は?

コツノキンセンモドキという名前を聞いたことがあるでしょうか?名前からは想像できないですが、カニの仲間です。時々底引き網にかかって引き揚げられることがあるそうですが、市場に出回ることはほとんどありません。食べ方としては、漁師さんがお味噌汁に入れて食べることが多いようですが、コツノキンセンモドキ自体に非...

≫続きを読む

 

メニュー

 

【おすすめの食べ方】冷凍かにの美味しい食べ方決定戦!!

 
レンズ交換