毛蟹の鍋レシピを探せ!※驚くほど美味しくなるちょっとしたコツ

  •  
  •  
  •  

毛蟹の鍋レシピを探せ!※驚くほど美味しくなるちょっとしたコツ

毛蟹の鍋レシピを探せ!※驚くほど美味しくなるちょっとしたコツ

ここでは毛蟹の産地別の旬、美味しい食べ方について、蒸し蟹や鍋、産地の工夫料理を取り上げます。毛蟹の旬は産地によって違います。日本では乱獲により最盛期の10分の1の水揚げとなっていて、きびしい漁獲制限があります。獲れるのは岩手県、北海道となります。毛蟹の旬は岩手や日高で12から3月、十勝、釧路沖で9から3月、オホーツクで3から8月、白老沖で7、8月となっています。食べ方でお馴染みなのは鍋料理ですが、新鮮であれば、蒸し蟹が最も美味しいと言われ、産地ではこれが主流です。いったん蒸した蟹を冷凍販売しているので、通信販売でも味わう事ができます。食べ方では、身を存分に味わえる他の蟹と違い、毛蟹の一番の特徴である蟹味噌の美味しさを味わう蒸し蟹のポン酢料理が好まれます。蒸し蟹の作り方は、生きたままの場合、おがくずなど、歯ブラシなどで落としてから活け締めを真水、次に氷水で動かないように縛って30分程度冷蔵します。塩をふんどしに入れた状態で、ひっくり返したまま蒸気が上がった蒸し器で15分程度蒸します。蟹の甲羅で蟹味噌と身を少し入れ、熱燗をそそいだ甲羅酒も喜ばれます。そして、お馴染みの鍋料理では、煮込みすぎに注意して、締めには人気の雑炊を楽しみます。毛蟹の足の細い部分は、食べにくい物ですが、産地では鉄砲汁として味噌汁にします。甲羅などを出汁に使いますので、出汁パックなどを利用すると取り出しやすいです。毛蟹が苦手な人は、もっぱら臭いを嫌うので、味噌汁で出汁を取れば食後キッチンが臭くならずに済みます。

【安心出来る!】かに通販おすすめランキング♪

カニ本舗

>>【かに本舗】公式サイトはこちら

北国からの贈り物

>>【北国からの贈り物】公式サイトはこちら

かにまみれ

>>【かにまみれ】公式サイトこちらから!

おすすめ記事
⇒厳選カニ通販ランキング※選び方であなたは得をする!!
 

メニュー

 

ここでは毛蟹の産地別の旬、美味しい食べ方について、蒸し蟹や鍋、産地の工夫料理を取り上げます。毛蟹の旬は産地によって違います。日本では乱獲により最盛期の10分の1の水揚げとなっていて、きびしい漁獲制限があります。獲れるのは岩手県、北海道となります。毛蟹の旬は岩手

 
レンズ交換